ギャンブル依存症の原因や克服法について

1.ギャンブル依存症の怖さとは

ギャンブルをやめようと思っているのになかなかやめることができない、借金があるのにもかかわらずギャンブルが止められない、返済できる金額をはるかに超えているなどこのような状況に陥ったとしてもギャンブルを続けてしまうことをギャンブル依存症と呼んでいます。

なかなか抜け出すのは難しいとされていますが、正しい治療を受けることによって正常な状態に克服することは可能です。

特徴としては、

  • お金をなかなかためることができない
  • イライラしたり落ち着きがない
  • ギャンブルで負けたものをギャンブルで取り戻そうと考えている
  • 周囲の人に嘘をついてでもギャンブルを続ける

などの症状が挙げられます。

ギャンブル依存症 – Wikipediaも参考

依存症に陥る原因としては様々なことが考えられますが、まず第一に考えられることは趣味がなく友達があまりいないことが考えられるでしょう。
趣味もなく友達もいないということで、休みの日や仕事帰りなどにどうやって過ごせばよいのかわからずにギャンブルにはまってしまう人が多く見られます。

つまりギャンブルが趣味になってしまい、友達にもなっている状態です。

2.努力をせずにお金持ちになりたいと考えている人が多い

そしてオンラインカジノなどで一発当ててお金持ちになりたいと思っていることも大きな原因になるでしょう。
仕事を頑張ってお金持ちになりたいのではなく、努力をせずにお金持ちになりたいと考えている人がはまりやすいと言えます。

オンラインカジノJAPAN 初心者ナビも参考

また負けず嫌いの性格もギャンブル依存症に陥る原因の一つとされています。
ギャンブルで負けた分を取り戻すために、さらにギャンブルをしてしまう人がこれにあたります。

普段の生活ではそれほど負けず嫌いな面を見せることはありませんが、ギャンブルをするときには強い気持ちが燃え上がってしまう人が見られます。
また現実から目をそらしたいという思いも原因の一つに挙げられます。

いやなことがあったとしても普通であれば現実に向き合い克服するための努力を行うことでしょう。
しかし現実から目をそらしたいという心の弱さから、ギャンブルに陥ってしまいます。

3.克服できるかどうかは本人の気持ち次第

もしもギャンブル依存症であると診断された場合には、やはり治療を受けたうえで克服できるのかが気になるところです。
克服できるかどうかということは、本人の気持ち次第でもあり、自分がしっかりと自覚を持って治療を続けていかなければ克服することは難しいでしょう。

このまま続けることによって周囲の人間や家族に多大な迷惑がかかることを考えておくことが大切で、自分がしっかりと自覚を持つことが克服の第一歩と言えます。

また実際に治療を行うのであれば、ギャンブル依存症の治療を専門に行っている施設があるため、このような所を利用するのが効果的です。
克服方法としてもちいられることに、まず第一に投薬治療が挙げられます。

患者の状態を見ながら症状を軽減させるために適切な薬が投与されます。

もしもギャンブルのことを考えて夜も眠れずにいるのであれば睡眠薬が投与されることになるでしょう。
うつ症状が出ているのであれば安定剤や抗不安剤などがもちいられることになります。

4.カウンセリングは継続して行うことにより効果が現れる

そしてカウンセリングはギャンブル依存症の治療には欠かすことができません。
根本的な治療を行うためには、ギャンブルの習慣を改善する必要があるでしょう。

カウンセリングは継続して行うことにより効果が現れるため、途中でカウンセリングをやめてしまえば改善することは難しくなります。

最後に自助グループへの定期的な参加が求められます。
これは薬物治療やカウンセリングと併用して行う必要があるでしょう。

ギャンブル依存症は単独で改善させることは難しいため、治療を目的に同じ症状の人たちが集まって症状の改善に努めるものです。
自分だけの力ではなかなか克服することは難しいため、周りの人の努力も必要です。